TOP > 税務 > 新入社員を迎える準備

新入社員を迎える準備

新入社員を迎える春。入社に伴う税務労務関係の手続きがありますね。
必ず必要な手続きを確認しておきましょう。

①「給与所得者の扶養控除等申告書」を書いてもらう

給与計算の際、天引きする所得税を決定するうえで重要な書類です。(扶養の人数によって所得税が変わります)
入社した年分の「給与所得者の扶養控除等申告書」を記入してもらいます。書類は会社で保険しておき、年末調整の際、変更箇所が無いか記入してもらいます。
書類が手元に無い場合は、国税庁HPで書類名をサイト検索してください。プリントアウトして使用することができます。

(c) .foto project

②社会保険の手続きをする。

入社日から5日以内に「被保険者資格取得・喪失届」を年金事務所に提出して、社会保険の手続きを行います。
基礎年金番号を記載する箇所があるので、新入社員から「年金手帳」を受け取り、確認しましょう。
社会保険上の「扶養」家族がいる場合は、「健康保険被扶養者届」も提出します。(扶養にしている配偶者がいる場合は、その方の年金手帳も受け取り、基礎年金番号を記載します)
*税務上の「扶養」と社会保険上の「扶養」では範囲が違いますので、下記ページで確認してみてください。「扶養?103万円?130万円?」
書類が手元に無い場合は、日本年金機構HPで書類名をサイト検索してください。プリントアウトして使用することができます。

③雇用保険の手続きをする。

入社日の月の翌月10日までに「雇用保険被保険者資格取得届」をハローワークに提出して、雇用保険の手続きを行います。
被保険者番号を記載する箇所があるので、新入社員から「雇用保険被保険者証」を受け取り、確認しましょう。*前職がある方のみです。
書類が手元に無い場合は、ハローワークHPの「申請等をご利用の方へ」のページで書類をプリントアウトして使用することができます。内容を入力して書類を作成することも可能です。(オンライン提出はできません)

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。