TOP > 税務 > 決算賞与支給なら忘れず社会保険料も計上すべし

決算賞与支給なら忘れず社会保険料も計上すべし

決算賞与の支給で利益を従業員へ還元しようと考えている社長!
決算賞与の支給が決まったら、その賞与の社会保険料も忘れず経費にして、さらに節税効果を高めましょう。
賞与の社会保険を損金(税務上の経費)に計上できるタイミングは、賞与を支給した日です。
決算までに社会保険料を納付しなくても「未払計上」すれば損金(税務上の経費)になります。
このとき、損金となるのは会社負担分の社会保険料ですから注意ですよ。

(c) .foto project

賞与未払いの状態では社会保険料は計上できない

もう一つ注意点です。賞与の支払いが、決算までに間に合わなかったときです。要件を満たせば、賞与は未払いの状態でも損金(税務上の経費)として認められますが、この未払い賞与にかかる社会保険は、経費にすることができません。先ほども説明したように、賞与にかかる社会保険料は、あくまで賞与を支給した日なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。