TOP > 税務 > 5万円未満の領収書に印紙いらなくなるのはいつから?

5万円未満の領収書に印紙いらなくなるのはいつから?

お店を経営している方、お店で働く方はご存知だと思いますが、現在3万円以上の領収書には200円分の「印紙」を貼らなくてはならないこととされています。(3万円以上100万円未満の場合)

OHT96_higaochitasougenoki500
「印紙」を貼るということは「印紙税」を納めるということです。「3万円以上の領収書を発行するには、印紙税を払ってくださいね」と決められているのです。領収書以外でも「印紙税」が必要な書類があり、身近なところでいえば、「土地や建物の売買契約書」や「金銭の借用書」が挙げられます。

さて、この印紙税に関して、これから改正となる事項があります。領収書のうち、5万円未満のものについては、印紙が不要となります。平成26年4月1日からです。消費税率アップの際の負担軽減措置の一環とされています。厳密にいえば、下記のとおり、領収書に消費税や税抜き金額をきちんと記載していれば税抜き金額で判定するので、消費税率がアップするからといって、店側の印紙税負担が増えるという訳ではないのですが、その他の負担増も汲んでこのような改正となったようです。

事業主必見!消費税額をきちんと記載して印紙税を節約!

税抜き47,000円、税込み50,760円の場合でも次のように記載すれば印紙税は不要になります。工夫して少しでも負担を減らしましょうね。
・商品代(本体価格)47,000円 消費税3,760円 合計50,760円
・領収金額50,760円 税抜き価格47,000円
・領収金額50,760円 消費税額3,760円

 

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。