TOP > 税務 > 「満期保険金」って税金がかかるの?

「満期保険金」って税金がかかるの?

生命保険の中には、満期を迎えると「満期保険金」が受け取れるものがあります。
「満期保険金」はまとまった金額なので、税金がかかるかどうか心配になりますね。

MS251_memotonewsp
保険契約者・保険受取人が一緒であれば、その受け取った「満期保険金」には一時所得として所得税がかかります。
(「満期保険金額」ー「支払った保険料総額」ー特別控除額50万円)×1/2
この算式で求められた金額に対して税金がかかります。他の所得とともに確定申告して納税します。満期保険金より支払った保険料総額が上回るケースが多いと思います。
*複数の保険が同じ年に満期を迎えた場合やその他に一時所得があった場合、特別控除50万円は重複して控除できません。

例外

契約から5年以内に満期を迎える一時払い養老保険については例外規定があります。
(満期保険金額ー支払った保険料総額)に対して20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%)がかかり、満期保険金から直接控除されるることになります。

満期保険金を据え置いた場合

保険が満期となったとき、据え置いておくこともあると思います。実際には受け取っていないわけですが、満期日をもって課税の対象となります。満期保険金を受け取った後、保険会社に保険金を預けたととらえるからです。満期保険金を他の一時払いの保険の支払いに充てる場合も同様に、満期日をもって課税の対象となりますので、上記の算式に照らし合わせて確定申告が必要でないか確認しましょう。

 

 

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。