サラリーマン 9月は社会保険料UPの季節

PAK86_jinseigu-ruguru500

9月は、厚生年金保険料の料率がUPする時期です。 厚生年金保険の保険料率は、9月分から0.354%(会社負担分と本人負担分の合計)引上げられます。この結果、一般被保険者の厚生年金保険の保険料率は17.12%(会社負担分と本人負担分の合計)となります。会社にもよりますが、9月分の社会保険料は、10月分の給与から天引きされる場合が多いので、来月の給与明細を見てみましょう。 この厚生年金保険料のアップ、…

注目!最高裁大法廷「婚外子の相続分」は違憲

YOU_syabondama500

婚外子とは、婚姻関係にない子どもで、親に認知されている子どものことをいいます。9月4日最高裁判所は、この婚外子に対しての相続の取扱いが、「法の下の平等」に反しているとして憲法違反の「違憲状態」にあると判断しました。 現在の婚外子に対して相続の取扱は具体的に次のようになっています。父親が自分の母親と婚姻関係にないなか父親が亡くなった場合、婚外子はその父親の財産を相続する権利があります。しかし、その婚…

領収書の改ざん・・・ そんなことしてもバレますよ

N811_unadarerusarari-man

事業をしていて、利益がでてくるとうれしい反面、税金が気になりますよね。すこしでも手元に資金を残すため、架空の経費を計上して、税金を減らそうとする気持ちも出てくるかも知れません。 架空の経費を計上する方法として多いのは、手元にある領収書の金額を改ざんする方法。「¥マーク」と金額の間に数字を記入して一ケタ多くしたりする場合です。しかし、絶対してはいけません。税務調査では、まず間違い無くバレてしまいます…

知りたい!贈与税の基本 外国に住んでいても贈与税がかかる?

財産をもらったときにかかる「贈与税」。外国に住んでいる人にも贈与税がかかるのでしょうか? 日本に住んでいる人が贈与をうけた場合、その財産が日本国内のものでも、国外のものでも贈与税の対象になります。日本国外の財産とは、外国の金融機関の預金や土地建物などの不動産があげられます。 (c) .foto project 外国に住んでいても贈与税がかかる? 基本的に、日本に住所を持っていない人が贈与を受けた場…

知りたい!贈与税の基本 身内の借金 贈与にならないためには

GAK82_metasekoianamiki500

贈与税は、財産をもらった時にかかる税金です。贈与は、財産をあげる側が「あげます。」、貰う側が「もらいます。」と双方が意思表示をしていることが前提です。しかし、一般的には贈与と思わない取引でも贈与税がかかってしまうことがあります。 身内の借金 無利息だと贈与?? マイホームを買うときに、頭金を親からお金を借りるなどと、親族間で金銭の借り入れをするケースも多いと思います。借金は、贈与ではありませんから…

知りたい!贈与税の基本 名義変更でも贈与税がかかる??

贈与税は、財産を貰ったときにかかる税金です。財産をあげる人が「あげます。」「もらいます。」という意思表示があることが前提です。しかし、一般的には贈与と思わない取引でも贈与税がかかってしまうことがあります。 (c) .foto project 財産の名義変更に注意! 親が所有していた自動車を子供が使用するようになったから、名義変更した。なんてことありませんか?「贈与」と意識せずに、このように財産の名…

知りたい!贈与税の基本 贈与税の対象となる生命保険って?

OHT89_bieinookakumo500

贈与税は、人から財産をもらったときにかかる税金です。財産を「あげます。」「もらいます。」と双方が納得しているのが前提となります。しかし、一般的には「贈与」と思わないような取引でも、贈与税の対象になってしまう取引があります。 贈与税の対象になる生命保険契約もある! 生命保険は、契約者が保険料を支払い、被保険者に保険事由が起こったとき、つまり死亡保障であれば死亡した時に、保険金受取人に対して保険金が支…

知りたい!贈与税の基本 借金の肩代わり、それも贈与です。

PAK86_jinseigu-ruguru500

贈与とは、あげる側が「あげます」、もらう側が「もらいます」とそれぞれ納得していることが前提です。こういった贈与以外にも、贈与税の対象となるものがあります。みなし贈与といわれます。 借金の免除・肩代わりに注意 債務を免除してもらったり、他人に肩代わりしてもらった場合は、「みなし贈与」として贈与税が課されます。たとえばAさんがBさんにお金を借りていて、Bさんがその借金を免除した場合。この場合はBさんか…

知りたい!贈与税の基本 贈与税のかからない贈与とは

N112_belltoprezentbox500

贈与税は、原則として贈与を受けたすべての財産が対象となりますが、その財産の性質や贈与の目的などからみて、贈与税がかからないものが定められています。身近なものをみていきましょう。 生活費や教育費ならOK 身近なものでいうと、「扶養義務者間の生活費や教育費の贈与」が挙げられます。 具体的には、夫から妻へ、又は、親から子へ生活費や教育費をあげた場合、贈与税はかかりません。 もちろん、あげた財産が生活費や…

知りたい!贈与税の基本

N811_horagohoubidayo500

贈与税とは、人の財産をもらったときにかかる税金のことをいいます。 人が亡くなり、その故人の財産を相続人が引き継ぐことを相続といいますが、一定以上の相続財産があった場合に、相続税がかかります。したがって、生前のうちに、財産すべて他の人にあげてしまえば、相続税はかからないわけです。これでは、相続税の意味がありません。 したがって、相続税を補完する意味合いで「贈与税」の必要性があるのです。 贈与税は、そ…