そろそろ年末調整 医療費控除は年末調整でできない??

E146_cyoushinki500

そろそろ年末調整の季節。年末調整とは、雇い主である会社(事業主)が、従業員の所得税を正しく計算する手続きのことをいいます。従業員は扶養している親族や、支払った生命保険を会社に申告し、正しい所得税を計算してもらいます。 所得税は、給与などの所得にかかる税金です。具体的には所得の金額の合計額から、所得控除の額を差し引いたものに税率を乗じて計算します。所得控除には、扶養控除や生命保険料控除などがあり、ほ…

そろそろ年末調整 代わりに払った子供の年金も控除対象です。

PAK25_sa-monpinknobara500

そろそろ年末調整の時期ですね。 年末調整の時には、扶養している親族や負担している社会保険料や生命保険料などを申告し、会社で正しい所得税を計算してもらいます。会社員であれば、負担すべき社会保険は給与から天引きされているので、改めて申告しなくても会社で把握してくれます。 しかし、生計を一にしている奥さんやお子さん(扶養親族でなくてもOK)の年金保険料を代わりに負担している場合、その金額を年末調整の書類…

そろそろ年末調整 「扶養控除等申告書」ってどうして2年分必要?

N112_nayandahyoujyou500

そろそろ年末調整の時期ですね。来月ごろ、会社から「扶養控除等申告書」や「保険料控除申告書」などが配られると思います。さて、この会社から配布される「扶養控除等申告書」ですが、いつも同じ用紙が2枚渡されませんか?今年の年末調整でいうと「平成25年分」と「平成26年分」どうして2年分必要なのでしょうか? 平成25年分の「扶養控除等申告書」は 昨年の年末調整の時に一度記載した物が配られていると思います。結…

そろそろ年末調整 掛け持ちの時の年末調整は?

GAK85_pinkkosumosu500

年末調整は、人を雇う側が、従業員の1月1日から12月31日の給与所得にかかる税金を正しく計算する手続きです。ダブルワークや副業など2ヶ所以上の勤務先で働いている場合は、そのうち一つの勤務先でしか年末調整をしてもらえません。複数の勤務先で年末調整を行うと、所得控除が重複し、所得税が正しく計算出来ません。 具体的には、年末調整を行う時、勤務先から「扶養控除等申告書」の提出を求められますが、この書類を1…

そろそろ年末調整 前職の源泉徴収票ありますか?

LOK_kyouheikapocck500

そろそろ年末調整の季節。今年、会社に入社した人は、前職の源泉徴収票を提出することになっています。所得税は、暦年、つまり1月1日から12月31日までの所得を基に計算します。この期間で前職の所得があった場合、この前職の所得も含めて所得税の計算をするので「源泉徴収票」が必要になるのです。新入社員でも、入社前にアルバイトをしていた方は源泉徴収票が必要になります。さて、今年入社した人、「源泉徴収票」は手元に…

そろそろ年末調整・・・ 住宅ローンの書類紛失してませんか?

OZP86_zutuugaitai500

そろそろ年末調整の時期ですね。住宅ローン控除を受けている方、あの書類なくしていませんか?「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書」という、緑色で印字された書類です。初めて住宅ローン控除を受けた年に、税務署から大量に送られ、毎年年末調整時に会社に提出していますよね? 一度に複数年分送られてくるので、あれ??ないー!!なくしたーー!という方もいるかもしれません。そんな時は、次のように対…

海外資産5,000万円超持っていたら〇〇を提出しないと罰金??

近年、リスク分散のために海外で預金や不動産を持っている人も増えています。海外にある資産でも、日本の税金の対象となるものがありますが、これらの申告漏れが増加しています。この対策として、平成25年度より「国外財産調書制度」が創設されました。 (c) .foto project 国外財産調書制度 平成25年より、12月末日時点で5,000万円を超える海外資産を持つ者(日本に居住している人)は、その資産の…

5万円未満の領収書に印紙いらなくなるのはいつから?

OHT96_higaochitasougenoki500

お店を経営している方、お店で働く方はご存知だと思いますが、現在3万円以上の領収書には200円分の「印紙」を貼らなくてはならないこととされています。(3万円以上100万円未満の場合) 「印紙」を貼るということは「印紙税」を納めるということです。「3万円以上の領収書を発行するには、印紙税を払ってくださいね」と決められているのです。領収書以外でも「印紙税」が必要な書類があり、身近なところでいえば、「土地…

株売却時の税金が来年から約2倍に・・・ どうしましょう?

PAK57_kangaeruookawashi500

上場株式を売却したとき、もうけ(株式の購入価格から売却価格、売却費用を差し引いた利益)に対して所得税と住民税がかかります。 現在は、適用される税率が軽減されていて、10.147%(所得税7.147%、住民税3%)となっていますが、この軽減は平成25年で終了します。 平成26年から適用される税率は20.315%(所得税15.315%、住民税5%)となります。現在の税率の約2倍になります。この税率アッ…

共働きでも育児休業中は「配偶者控除」の対象になるかも??

AN75_hanbeso500

総務省の平成24年の統計によると、夫婦共働きの家庭は夫婦のうち35.8%にも上ります。夫・妻両方とも正社員である夫婦も珍しくありません。この場合では、両者ある程度の収入があり、「配偶者控除」から外れているケースがほとんどだと思います。 さて、近年は「育児休業」期間の長期化がすすんでいます。平成22年の統計によると、育児休業取得した人の半数以上の取得期間は「10ヶ月から18ヶ月未満」となっています。…

2 / 1312345...10...最後 »