TOP > 会計 > あなたの会社の在庫は財産?

あなたの会社の在庫は財産?

在庫は、会社にとって財産でしょうか?会計上は、貸借対照表に資産(会社の財産)として計上されています。売上を生み出すための在庫ですから財産であることは間違いありません。
しかし、もう定価では売れない商品も、会社の財産でしょうか?本質的には会社の財産となるのか微妙なところですね。このような不良在庫も会計上は資産(会社の財産)なのです。

不良在庫をどうする?

不良在庫そのままにしておいても影響はないのでしょうか?
商品を仕入れたタイミングでは、経費になりません。売れて初めて売上原価として必要経費に計上されるのです。ですから、在庫として売れないまま残っているといつまでたっても経費に計上されないことになります。
決算のタイミングで、在庫の棚卸しをする際に、不良在庫の処分を検討してはいかがでしょうか?
不良在庫を処分し、損失を確定することで必要経費に計上することができます。

PP_syuunoucase不良在庫の処分方法は?

不良在庫の処分をする際にも、「売れなくなったら出来るだけ早く処分し、1円でも高く現金化する」や「思い切り低価格で提供することにより他商品の売上に貢献させる」など、戦略をもって処分したいですね。処分方法として主に下記の方法があげられます。

①値引き販売
②まとめ売り
③タイムセール品などの目玉商品とする
④オークション
⑤買取業者に依頼
⑥廃棄処分
廃棄した証拠として、廃棄した在庫のリスト、廃棄理由、廃棄業者からの廃棄証明などを残しておきましょう。

不良在庫は時の経過とともに、現金化しにくくなります。ですからこまめに棚卸しを行い、不良在庫を早く発見しましょう。

不良在庫となった根本原因を考える。

不良在庫になると、定価で売るよりも損をしてしまいます。そもそも、どうして不良在庫になってしまったのか。仕入れている商品は本当に消費者が求めているものかどうか。これらを考えて、仕入れる基準を見直してみましょう。

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。