カテゴリー別アーカイブ: 未分類

最低賃金変わりましたよ 下回っていませんか?

PEZ86_midorinoyuuhoudou500

平成25年10月より、各都道府県の最低賃金が改定されました。 全国加重平均の最低賃金は764円となり、前年の749円より15円アップしました。 自分の給与が最低賃金を下回っていないかチェックしてみましょう。 各都道府県の最低賃金は下記より確認してみてください。 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudouki…

60歳以上のリフォームローンなら住宅金融支援機構の・・・

G142_washitunoheya500

自宅を持っていれば、いつかリフォームや修繕が必要になってきます。現役であれば、金融機関などのリフォームローンで資金を調達することもあるでしょう。しかし、定年後にリフォームが必要になった場合、ほとんどの場合、このリフォームローンは利用できません。ローンには、年齢制限があるのがほとんどです。 知っていますか?住宅金融支援機構の「 高齢者向け返済特例制度」 このような場合は、住宅金融支援機構の「 高齢者…

働く女性 産休中も育休中も社会保険料が免除になる!

PAK95_jyanglejmanjyu500

厚生労働省によると、平成24年度において在職で育児休業を取得した女性は83.6%だったと発表されました。 平成8年の調査では、育児休業取得率は49.1%でした。この時代は、出産をしたワーキングマザーの半数が、出産後職場復帰していた時代だったのですね。 今の取得率は8割ですから、育児休業の取得がほとんど当たり前になってきているようです。 育児休業中は、子供が1歳になるまでの期間、雇用保険から「育児休…

預金凍結。亡くなったら、故人の預金を引き出せない??

N112_nayandahyoujyou

知っていますか? 金融機関の預金は口座名義人が亡くなると、その預金口座は凍結されてしまうのです。 引き出せないだけでなく、その口座から自動引き落としとなっている電話代などの支払いもできなくなってしまうんです。 預金凍結はなぜ? 亡くなった方の預金は、亡くなった時点でその故人の相続財産となります。 一部の相続人が勝手に預金を引き出してしまうと、ほかの相続人に不利になってしまいます。 相続人全員で、そ…

国民年金納付率59%・・・。国民年金納付していないと「○○」がもらえない!

PP_machiwomiorosuoyako

厚生労働省は、平成24年度の国民年金保険料の納付率が59.0%だったと発表しました。特に25~29歳の納付率は46.79%と低調。非正規労働者が増えたことを背景とする低所得、年金制度への不信が原因と考えられます。 若者が国民年金納付するメリットは「遺族年金」にある! 私が考える国民年金の最大のメリットは「遺族年金」制度。 「遺族年金」とは、国民年金に加入している人が死亡した場合、子のいる妻または子…

社会ルールを学ぶ教科「公共」で投票率改善??

N866_kokubantokabin

自民党文部科学部会のプロジェクトチームは、18日、高校の新しい科目として「公共」を導入するよう提言を下村文部科学大臣に提出しました。この「公共」科目新設は、若者の自立意識・社会生活を営む実践力を養うのが狙い。 新教科「公共」では、職業選択や結婚・離婚、年金・医療保険、政治参加、消費生活、納税など社会生活の幅広いテーマを学習するとのことです。 私が特に注目するテーマは、政治参加と納税。 政治参加をテ…

老後資金準備プラス節税ができる方法④小規模企業共済

25TN_sudarenokakaruenngawa

国民年金だけだと、20歳から60歳までの40年間保険料を納めていても、受給できる年金の金額は年額786,500円(平成24年度の実額)。 夫婦二人とも国民年金の加入者なら月に13万円ほどです。 現役のうちに、なんとか老後資金を貯蓄しておきたいですね。 前回は「付加年金」「国民年金基金」「確定拠出年金」で節税しながら少し年金を増やす方法をピックアップしました。 今回は「小規模企業共済」を取り上げます…

老後資金準備プラス節税ができる方法③確定拠出年金

国民年金だけだと、20歳から60歳までの40年間保険料を納めていても、受給できる年金の金額は年額786,500円(平成24年度の実額)。 夫婦二人とも国民年金の加入者なら月に13万円ほどです。 現役のうちに、なんとか老後資金を貯蓄しておきたいですね。 前回は「付加年金」「国民年金基金」で節税しながら少し年金を増やす方法をピックアップしました。 今回は「確定拠出年金」を取り上げます。 (c) .fo…

老後資金準備プラス節税ができる方法②国民年金基金

C789_keitaiminagaramemo

国民年金だけだと、20歳から60歳までの40年間保険料を納めていても、受給できる年金の金額は年額786,500円(平成24年度の実額)。 夫婦二人とも国民年金の加入者なら月に13万円ほどです。 現役のうちに、なんとか老後資金を貯蓄しておきたいですね。 前回は「付加年金」で節税しながら少し年金を増やす方法をピックアップしました。 今回は「国民年金基金」を取り上げます。 老後資金準備プラス節税ができる…

老後資金準備プラス節税ができる方法①付加年金

C789_keitainotepen

自営業をしていると心配なのは老後の生活資金ですね。 なんといっても自営業者が受給できる公的年金は国民年金のみ。 20歳から60歳になるまでの40年間の全期間保険料を納めた場合でも、65歳から受給できる老齢基礎年金は、年額786,500円(平成24年度の実額)。 夫婦二人とも国民年金の加入者なら年間約157万円。月に13万円ほどです。 会社員よりは公的年金は少ないわけですから、現役のうちに、なんとか…