作成者別アーカイブ: admin

結婚して扶養家族が増えたら所得税の控除を受ける!

ジューンブライドの季節。結婚して家族構成が変わると所得税等も変わってくることがあります。所得税は、面倒をみなくてはいけない家族が多くなると生活が大変になることを配慮して、税負担が軽くなる仕組みになっています。 結婚して配偶者ができた場合、受けられる可能性があるのは「配偶者控除」です。 (c) .foto project 「配偶者控除」には、収入制限がある?? 結婚して配偶者ができたからといって必ず…

NISA(ニーサ)って何?

最近、NISA(ニーサ)というフレーズ聞きませんか? 証券会社や金融機関では、NISAの口座開始キャンペーンが始まっています。 (c) .foto project 「NISA」とは平成26年1月から新たに始める少額投資非課税制度です。 通常、株や投資信託などの配当や譲渡益は所得税や住民税の対象となります。平成25年12月までは特例で税率は10%が適用されますが、その後の税率は20%となります。NI…

「サザエさん」銅像に課税される「償却資産税」って何?

26NJ_hatowomotuburonzuzou

東京都世田谷区桜新町商店街に「サザエさん」の銅像が設置されたのは平成24年3月25日。今になって一騒動おきている模様です。この地元商店街に、「サザエさん」の銅像に対して償却資産税なる税金の納税通知が届いているとのことなのです。 「償却資産税」とは、固定資産税の一種で、事業を営んでいる法人または個人事業主等が所有する機械や設備など(償却資産)に対してかけられる税金です。一般的に美術品とされる銅像に対…

ショック!社会人2年目の6月。給与手取額が減る!

BJK_kyouheikangaeru

入社2年目の皆さん。1年間勤務して、自分の給与手取額がだいたいつかめてきたと思います。4月に昇給したという方もいらっしゃると思います。 しかし、注意が必要です。今月6月の給与です。多くの方は、給与の手取額が減ってしまいます。原因は、「住民税」です。6月から「住民税」が給与天引きになるます。「住民税」は、前年の1月から12月の所得に対して発生する部分があります。前年の所得に対する住民税を6月から1年…

賞与の金額は同じでも「所得税」は人によって違う??

PPS_niwanohuurin

賞与の支給時期は会社によって違いますが、ほとんどの会社は6月か7月が支給時期だと思います。業種によって差はあると思いますが、みずほ総合研究所の調査によれば、今夏のボーナス額は前年比0.8%増という見通しもされています。 賞与って支給額から天引きされる「所得税」「社会保険料」・・・いったいいくら引かれるのか気になりますよね?今回は賞与の「所得税」について確認します。 一方、賞与の「所得税」は、給与の…

国税庁がタックスヘイブンの資料を入手!適正な申告をしましょう。

6月1日のNHKのニュースで報じられましたが、このほど、国税庁は、タックスヘイブン地域に財産を持つ日本人のリストを大量に入手したようです。 タックスヘイブンとは、ケイマン諸島などが有名ですが、税金を著しく軽減する政策をもつ国や地域を指します。このタックスヘイブンと呼ばれる国や地域が、脱税やマネーロンダリングなどの犯罪に利用される可能性があるとして、OECD諸国からその税制の透明性の確保や税務情報交…

「報奨金」プログラムで通報急増 「報奨金」も税金がかかる?

  著作権保護団体の「BSA」がソフトの違法コピーの解決につながる有力情報の提供者に対し、最大100万円の報奨金を提供する「報奨金プログラム」を導入した後、通報が急増したとのニュースがありました。報奨金を受け取った場合、税金がかかるのでしょうか? (c) .foto project 報奨金は税金がかかるのか? 個人がこういった報奨金をもらった場合、所得税法上、一時所得という区分に分類され…

老後資金準備プラス節税ができる方法④小規模企業共済

25TN_sudarenokakaruenngawa

国民年金だけだと、20歳から60歳までの40年間保険料を納めていても、受給できる年金の金額は年額786,500円(平成24年度の実額)。 夫婦二人とも国民年金の加入者なら月に13万円ほどです。 現役のうちに、なんとか老後資金を貯蓄しておきたいですね。 前回は「付加年金」「国民年金基金」「確定拠出年金」で節税しながら少し年金を増やす方法をピックアップしました。 今回は「小規模企業共済」を取り上げます…

老後資金準備プラス節税ができる方法③確定拠出年金

国民年金だけだと、20歳から60歳までの40年間保険料を納めていても、受給できる年金の金額は年額786,500円(平成24年度の実額)。 夫婦二人とも国民年金の加入者なら月に13万円ほどです。 現役のうちに、なんとか老後資金を貯蓄しておきたいですね。 前回は「付加年金」「国民年金基金」で節税しながら少し年金を増やす方法をピックアップしました。 今回は「確定拠出年金」を取り上げます。 (c) .fo…

老後資金準備プラス節税ができる方法②国民年金基金

C789_keitaiminagaramemo

国民年金だけだと、20歳から60歳までの40年間保険料を納めていても、受給できる年金の金額は年額786,500円(平成24年度の実額)。 夫婦二人とも国民年金の加入者なら月に13万円ほどです。 現役のうちに、なんとか老後資金を貯蓄しておきたいですね。 前回は「付加年金」で節税しながら少し年金を増やす方法をピックアップしました。 今回は「国民年金基金」を取り上げます。 老後資金準備プラス節税ができる…