TOP > 給与明細の見方 > 給料の手取額が減ったのはなぜ?(復興特別所得税)

給料の手取額が減ったのはなぜ?(復興特別所得税)

手取額が減った??

2月の給料明細を見て「あれ??なんか給料の手取額が少なくなった?」と思いませんでしたか?1月は年末調整の還付金が給料と一緒に支給されて気づかなかった方もいらっしゃると思いますが、平成25年から所得税が増税となっているんです。「復興特別所得税」といいます。通常の所得税の2.1%に相当します。例えばこれまでの給料から5,300円の所得税が差し引かれていた人は、平成25年から復興特別所得税と合わせて5,411円の税金が差し引かれることになります。

復興特別所得税っていつまで?

平成49年までです。なんと25年間です。
東日本大震災の復興のため平成23年11月に導入が決定されました。
長い期間の増税となりますから、きちんと復興に生かされるように使い道を精査して欲しいですね。

 

 

 

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。