TOP > 相続税 > 「婚外子の相続」の違憲判決による変更

「婚外子の相続」の違憲判決による変更

平成25年9月4日の「婚外子の相続分が嫡出子の半分なのは違憲」という最高裁判決が出ました。これを受けて、相続税の取扱変更が国税庁HPにアップされています。
PP_syashinwotoriau500

この取り扱いによると、まだ民法改正は行われていませんが、相続税上は、婚外子と嫡出子の法定相続分を同じとして相続税を計算することになります。平成25年9月5日以後の相続税申告からこの取り扱いが適用されます。(相続開始が9月4日以前でもOKです。)
なお、以前に相続税の申告をしていて、この取り扱いの適用を受けるため修正申告をする場合には適用されません。(ただし、他に遺産額の訂正や計算の間違いにより修正申告する場合は、この取り扱いを適用することになります。)

相続が発生してから婚外子がいたことが発覚するケースもあります。民法改正はもう少し先になりそうですが、一足先に相続税の法定相続分の取り扱いが変わったことを覚えておきましょう。

 

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。