TOP > 相続税 > 知りたい!贈与税の基本

知りたい!贈与税の基本

贈与税とは、人の財産をもらったときにかかる税金のことをいいます。

人が亡くなり、その故人の財産を相続人が引き継ぐことを相続といいますが、一定以上の相続財産があった場合に、相続税がかかります。したがって、生前のうちに、財産すべて他の人にあげてしまえば、相続税はかからないわけです。これでは、相続税の意味がありません。
したがって、相続税を補完する意味合いで「贈与税」の必要性があるのです。
N811_horagohoubidayo500

贈与税は、その財産をもらった側にかかることになります。ただし、1月から12月までにもらった財産が、110万円以内であれば、贈与税はかかりません。贈与税の申告も不要です。
贈与税は「もらった財産ー基礎控除額110万円」の金額に対して、課税されます。

贈与税はその財産をもらった側にかかるので、1月から12月までの間に、複数の人から財産をもらった場合はすべて合算してから基礎控除を差し引くことになります。
たとえば、父親から60万もらい、母親から30万円もらい、夫から20万円をもらった場合は「(60万円+40万円+20万円)ー110万円=10万円」に対して贈与税がかかります。

贈与税がかかる場合、そのもらった財産の金額が大きいほど税率が大きくなります。
(税率は10%から50%で段階的に適用されます。)
1月から12月までにもらった財産で、贈与税がかかるときは、翌年2月1日から3月15日までの間に、贈与税の申告を行って、納税することになります。

 

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。