TOP > 相続税 > 知りたい!相続税の基本 えっ?贈与済みの財産にも相続税がかかるの?

知りたい!相続税の基本 えっ?贈与済みの財産にも相続税がかかるの?

相続税は、故人から引き継いだ財産に対してかかります。亡くなった時の財産を引き継ぐのが相続なのですが、実は、相続税法上は、死亡した日の3年以内に贈与した財産についても相続税がかかります。
相続税を少なくするには、生前に贈与しておくのが有効です。けれど、この生前贈与を全て認めれば、相続までに誰でもほとんどの財産を贈与してしまいますよね。相続税は、このような生前贈与に一定の制限を加えて、死亡した日の3年以内に贈与した財産についても相続税がかかる仕組みにしています。

LOK_aoaositachikurin500

「相続開始前3年以内 の 贈与」相続税の計算に含める!

具体的には、贈与を受けた財産の贈与時の価額を、贈与を受けている人の相続税の正味の遺産額に加算します。加算するのは、それに贈与税がかかっていたかいなかったかに関係なく加算するので、贈与税の基礎控除110万円以下の贈与も対象になります。
贈与時に贈与税がかかったものについては、相続税の額から、すでに発生した「贈与税」を控除するので、二重払いになるわけではありません。

ただし、それは、贈与税の配偶者控除を受けた財産については、亡くなる日前3年以内の贈与でも、相続税はかかりません。
また、相続人以外の者に対する贈与、たとえば相続人でない孫に対する贈与は、相続開始前3年以内の贈与であっても、相続税の計算には含めません。

 

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。