TOP > 相続税 > 知りたい!相続の基本 相続税って誰でもかかるの?

知りたい!相続の基本 相続税って誰でもかかるの?

相続とは、亡くなった人の財産や権利を他の人(相続人)が引き継ぐことをいうので、亡くなったら必ず相続は発生します。しかし、相続したら誰でも「相続税」がかかるのでしょうか?

OHT86_tetugakunoki500

相続税はどのくらいの財産からかかるのか?

相続税とは、亡くなった人の財産をもらったときにかかる税金のことをいいます。だからといって、相続したら誰でも「相続税」がかかるわけではありません。相続税は、相続財産(プラスの相続財産-マイナスの相続財産)である課税価格から、「基礎控除額」を引いたものに対してかかります。つまり、財産が「基礎控除額」より少ない場合は、相続税がかかりません。
「基礎控除額」は「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」となります。

たとえば、配偶者と子供2人が法定相続人であった場合の基礎控除額は、5,000万円+1,000万円×3人=8,000万円となります。8,000万円以下の財産であれば、相続税がかかりません。9,000万円の財産があれば、基礎控除額8,000万円を控除した残りの1,000万円に対して相続税がかかることになります。

ちなみに、法定相続人に相続放棄をした人がいる場合でも、法定相続人の数は減らさないで「基礎控除額」を計算します。また、法定相続人の中に養子がいる場合、被相続人に実子がいる場合は、養子のうち1人までを法定相続人に含めます。実子がいない場合は、養子のうち2人までを法定相続人に含めます。

平成27年から「基礎控除額」が縮小される

相続税の「基礎控除額」が縮小されることが決定しています。平成27年1月1日以後の相続から適用になります。 改正後の「基礎控除額」は「3,000万円+600万円×法定相続人の数」となります。この改正により相続税がかかる人も増えるとみられます。

 

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。