TOP > 相続税 > 知りたい!相続の基本 借金がある場合には「相続放棄」?

知りたい!相続の基本 借金がある場合には「相続放棄」?

財産・債務などをピックアップできたら、次はそれを相続するか検討することになります。債務が多ければ「相続放棄」という手段をとるのが有効です。

NAT88_awaipinknoohanabatake500

「相続放棄」とは

財産・借金などの債務をピックアップして明らかに借金が多いような場合には、「相続放棄」の手続きをして、借金の返済をしないという選択をすることもできます。「相続放棄」した際には、借金を引き継がないだけでなく、プラスの財産も引き継ぎしないということになります。

「相続放棄」をするには、故人の住所地を管轄する家庭裁判所へ申請します。相続が開始してから3ヶ月以内にこの手続きをしなければなりません。

相続放棄の手続きが完了すると、家庭裁判所から「相続放棄申述受理証明書」の交付を受けることができます。借金の相手が、返済を要求してきた際は、この証明書をもって支払いを拒否することになります。

「限定承認」とは

本人以外の者が、借金のあるなしを正確に把握するのは非常に難しいことです。明らかに借金のほうが大きいなら「相続放棄」をした方が有利ですが、なんとなく他にも借金がありそうだという場合。

「相続放棄」申請の期限がすぎた後、借金が発覚したら、もうその借金を引き継ぐしかありません。こういった場合は、「限定承認」という手段をとることができます。

この方法を選択すると、引き継いだ財産の範囲内の借金しか引き継がなくてもよくなります。具体的には、1,500万円の財産を相続した後に2,000万円の借金の存在が判明した場合、相続した1,500万円分だけを返済すれば、残りの500万円分の返済義務がなくなります。

「限定承認」の場合も、相続が開始してから3ヶ月以内に、故人の住所地を管轄する家庭裁判所で申請することになります。

「限定承認」は相続人全員が同時に申請

相続放棄については、相続人それぞれが単独で選択できます。しかし限定承認の場合は、相続人全員が同時に手続きを行う必要があります。一人の相続人だけが限定相続を選択することはできません。

 

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。