TOP > 相続税 > 知りたい!相続の基本 相続が発生したらまず財産調査

知りたい!相続の基本 相続が発生したらまず財産調査

相続とは、亡くなった人の財産・権利等をほかの者(相続人)が引き継ぐことをいいます。従って、相続人を特定した後、まずすべきことは、亡くなった人の財産・権利等がどれだけあるかを調べることです。財産には、家や土地、預金や車などのプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産もあります。万が一、故人がマイナス財産のほうが多い場合、相続を放棄することができますが、相続放棄は、相続が開始し、かつ自分が相続人であることを知ったときから3ヶ月以内に手続をしなければなりません。すみやかに財産調査することが必要です。

ELL54_kamomiru500

相続財産(遺産)の調査の方法

①預金通帳を確認する
基本的に、遺品のなかから、故人の財産に関する情報を得ることになります。
まずは、預金通帳を確認してみましょう。
預金の残高を確認することはもちろんですが、預金通帳を見ると、お金の流れが把握できます。収入先や、支払先を確認することで、財産や借金などを特定することにつながります。

②金融機関や証券会社の郵送物を確認する
また、預金口座がどこの金融機関にあるのか分からない場合は、郵便物をチェックしてみましょう。郵便物で財産の管理をしている金融機関や証券会社が判明する場合が多いです。

取引がありそうな金融機関・証券会社があれば、個人名義の口座があるか問い合わせをします。口座があるか調べてもらうには、各金融機関・証券会社ごとに必要な書類を定めていますので、指示に従って必要書類を準備しましょう。

③固定資産税の通知書の郵送物を確認する
不動産を所有していれば、たいてい固定資産税がかかっているはずです。固定資産税通知書は毎年郵送されるので、この通知書を確認すれば、所有している不動産をおおよそ特定できます。しかし、なかには固定資産税のかからない不動産もあるので、市役所や都税事務所で「名寄せ帳」を取り寄せ、不動産を特定しましょう。「名寄帳(なよせちょう)」とは、ある人物が持っている不動産の一覧表のことを言います。

④住宅ローン関係の書類を確認する。
住宅ローンを利用して自宅を購入している場合、たいてい「団体信用保険」に加入しています。この団体信用保険に加入していれば、契約者が亡くなった場合、保険会社がローンを全額一括で支払うので、ローン債務は消滅します。一方、加入していなければ住宅ローンの残債はマイナスの財産となるので、住宅ローン関係の書類で「団体信用保険」に加入しているか確認してみましょう。

⑤車検証を確認する。
車検証を確認して自動車の所有者を特定しましょう。販売店若しくは信販会社が所有者となっている場合は、自動車ローンがまだ残っているので、その所有者にローン残高を問い合わせしましょう。

⑥その他の遺留品を確認する
そのほか遺品の中に財産や借金、借りているもの、保証債務の存在を示唆するものがないか、注意深く確認しましょう。手紙や日記なども手がかりとなるかもしれません。特に借金というものは、親族に内緒でしていることがほとんどですから、見つかりにくいものです。通帳の取引履歴に返済が記載されていたり、金融業者との契約書や利用明細、金融業者からの督促状がないか丹念に確認しましょう。また、未払いの税金や医療費や入院費用の支払いがないかも確認しておきましょう。

 

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。