TOP > 相続税 > 相続税がかかる人は生前に墓を準備しておくのが◎

相続税がかかる人は生前に墓を準備しておくのが◎

もうすぐお盆。お墓参りに行かれる方も多いと思います。

さて、お墓の話ですが、実は、新しくたてられるお墓の半分は、生前に建てられています。
生前にお墓を建てるのは「寿陵(じゅりょう)」といわれ、縁起がよいとされているのです。

お墓の建立には、墓地さがしや墓石を決定したりと非常に多くの手間がかかります。残された者にその労力をかけまいとして、生前に準備するというケースもみられます。

PPG_naranndashiroikiku500

お墓や仏壇には相続税がかからない

生前にお墓を準備しておく理由が他にもあります。

相続税の対策です。

お墓の建立には、場所や墓石によって違いますが、おおよそ200万円〜500万円の費用がかかるといわれます。生前のお墓の建立が、なぜ相続税の対策になるのかというと、実は、お墓には相続税は課せられないからなのです。生前にお墓を準備しないまま、亡くなった場合に、お墓を建立するとなると、相続税を支払った後の資金で購入しなければなりません。

せっかく生前にお墓を準備していても、その費用が未払いであれば相続税対策とはなりませんので注意です。また、仏壇についても、お墓と同様、相続税がかからないので、生前の準備を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。