TOP > 相続税 > あなたの生命保険は相続税の対象になりますか?

あなたの生命保険は相続税の対象になりますか?

亡くなった人が保険料を負担していてた生命保険。原則的には、相続税の対象となります。
しかし、相続人(相続を放棄した人などは入りません)がこの生命保険を受け取った場合、相続税がかからない非課税枠というのがあります。
非課税となる金額は 500万円 × 法定相続人の数 の算式で求められます。
*この法定相続人の数には、相続放棄した者の人数も含める。養子がいた場合は、実子がいる場合は1人まで、実子がいない場合は2人まで数に含める。

夫が亡くなり、夫が生前保険料を負担していた死亡保険金(受取人は子)が1,000万円あった場合で考えてみましょう。

ケース1:妻と子が相続人

非課税となる金額は500万円 × 2人 =1,000万円なので、この死亡保険金には相続税の対象にはなりません。

ケース2:妻がすでに他界。子だけが相続人

非課税となる金額は500万円 × 1人 =500万円なので、1,000万円の死亡保険金のうち、500万円は相続税の対象財産となります。

(c) .foto project

ケース3:子が相続放棄した

相続放棄した人が死亡保険金の受取人となっている場合は、すべて相続税の対象財産となります。したがって、1,000万円全部が相続税の対象財産となります。

ケース4:妻と子・養子2人が相続人

非課税となる金額は500万円 × 3人(実子がいるので養子は1人まで含めることができる)=1,500万円なので、この死亡保険金には相続税の対象にはなりません。

死亡保険のうち非課税枠を超える部分がある場合は、その超えた分をその他の遺産に加えてください。基礎控除額を超えますか?超えたらイコール相続税がかかるというわけではありませんが、申告は必要になりますのでチェックしてみてください。

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。