TOP > 相続税 > 他人事ではない相続税申告

他人事ではない相続税申告

相続税法が改正され、申告が必要になる人が増えます。
平成27年1月1日以後の相続から「基礎控除」の枠が縮小されるからです。大都市圏では、土地の価格が高いので、改正の影響は大きいとされます。

基礎控除は次のように変更になります。
現行:5,000万円+1,000万円×法定相続人の数
改正後:3,000万円+600万円×法定相続人の数


(c) .foto project

たとえば、法定相続人が子2人だとすると、現行の基礎控除額は7,000万円。改正後は4,200万円。この基礎控除額以上の財産を持っていると相続税の申告が必要になります。
「自宅と預貯金だけしか持っていない」という方も相続税申告は他人事ではなくなります。

しかし、申告が必要になるイコール税金が発生するということではありません。
いろんな特例を使って、申告すれば、相続税自体発生しない場合もあります。
申告しないと特例を適用できないので、税理士へ申告依頼する件数も相続税法改正によって増えていきそうです。

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。