TOP > 未分類 > 預金凍結。亡くなったら、故人の預金を引き出せない??

預金凍結。亡くなったら、故人の預金を引き出せない??

知っていますか?
金融機関の預金は口座名義人が亡くなると、その預金口座は凍結されてしまうのです。
引き出せないだけでなく、その口座から自動引き落としとなっている電話代などの支払いもできなくなってしまうんです。
N112_nayandahyoujyou

預金凍結はなぜ?

亡くなった方の預金は、亡くなった時点でその故人の相続財産となります。
一部の相続人が勝手に預金を引き出してしまうと、ほかの相続人に不利になってしまいます。
相続人全員で、その預金を誰が相続する、または誰が代表して受け取るかを決め、書面に表す(相続人全員の署名、捺印により相続人全員の総意と判断します。)ことをしないと預金凍結は解除されません。
預金凍結を解除するために必要な書類は、金融機関ごとに異なりますので要確認です。

金融機関は、新聞のおくやみ欄や家族の申し出により、口座名義人死亡を確認します。
したがって、金融機関が口座名義人の死亡を知らず、預金凍結がされないケースも実はあります。

夫婦それぞれの預金を持っておく

このように、預金が凍結された場合、配偶者であっても預金を引き出せなくなってしまいます。
夫婦の財産をどちらか一方の預金口座にまとめている方も多いと思いますが、念のため、預金凍結期間の生活資金分は、夫婦それぞれの預金口座に保有しておいたほうがよいです。
必要な資金は、相続人の数や話のまとまりやすさによっても違ってきますので、一度夫婦で話し合ってみましょう。

 

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。