TOP > 年末調整 > そろそろ年末調整 扶養親族が本年中に死亡していたら??

そろそろ年末調整 扶養親族が本年中に死亡していたら??

そろそろ年末調整の時期ですね。会社によっては、すでに年末調整関係の書類の提出を求められているかもしれませんね。また、身内にご不幸があった方は「喪中はがき」の準備をされている時期でもあるでしょう。そんな方々の年末調整について書いてみました。

aki_127

年末調整において「扶養控除等申告書」に、扶養している(養っている)親族を記載することで、「扶養控除」や「配偶者控除」を受けられることになっています。扶養控除や控除対象配偶者は、その年12月31日の現況で合計所得金額が38万円以下である必要があります。しかし、その控除対象者が年の中途で死亡した場合は、その死亡時点での所得金額で判断することになっています。ですから、年末において、亡くなっている状態であるからといって「扶養控除」や「配偶者控除」の対象から外す必要はありません。控除を受けることが出来ます。

また、普段の年間の合計所得金額が38万円を超えていて、控除の対象となっていなかった方も、年の中途で亡くなられることで控除対象の所得要件を満たすこともありますので、該当するかどうか今一度ご検討下さい。

 

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。