TOP > 年末調整 > そろそろ年末調整 老人ホーム入居の親は「同居老親」の扶養親族になる?

そろそろ年末調整 老人ホーム入居の親は「同居老親」の扶養親族になる?

そろそろ年末調整の季節。「扶養控除等申告書」に扶養している親族の名前を記載すれば扶養控除という所得控除を受けることができ、結果的に所得税が少なくなります。

OH96_akakukouyoushitaki500

さて、扶養親族は、生計を一にしており、合計所得金額が38万円以下(所得が給与だけなら、給与収入103万円以下。所得が公的年金だけなら、65歳未満は年金収入108万円以下。65歳以上なら年金収入158万円以下)の親族(6親等以内の親族3親等以内の姻族)が当てはまります。

その扶養親族が、70歳以上なら、老人扶養親族(同居老親以外の者)として48万円を所得金額から差し引けます。また、その扶養親族が親や祖父母で、同居しているなら、老人扶養親族(同居老親)として58万円を所得金額から差し引けます。

近年、老人ホームで老後を過ごすかたが増えています。さてこの方たちは、同居していると取り扱われるのでしょうか?答えは「ノー」です。老人ホームが居所として取り扱われるので、生計を一にしていても、老人扶養親族(同居老親以外の者)として、48万円の所得控除となります。

 

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。