TOP > 年末調整 > そろそろ年末調整 医療費控除は年末調整でできない??

そろそろ年末調整 医療費控除は年末調整でできない??

そろそろ年末調整の季節。年末調整とは、雇い主である会社(事業主)が、従業員の所得税を正しく計算する手続きのことをいいます。従業員は扶養している親族や、支払った生命保険を会社に申告し、正しい所得税を計算してもらいます。

所得税は、給与などの所得にかかる税金です。具体的には所得の金額の合計額から、所得控除の額を差し引いたものに税率を乗じて計算します。所得控除には、扶養控除や生命保険料控除などがあり、ほとんどが年末調整で控除を受けことができますが、「医療費控除」は年末調整で控除を受けることができませんので注意です。

E146_cyoushinki500

医療費控除とは自分や自分と生計を一にしている家族のために医療費を支払った場合に受けられる所得控除です。医療費控除の対象となる金額は実際に支払った医療費の合計から保険金などで補てんされる金額と10万円を差し引いた金額です。(この10万円という金額ですが、その年の総所得金額が200万円未満の人はこの10万円が総所得金額の5%の金額になります。)

上記のとおり、「医療費控除」は年末調整で控除を受けることができません。病院などからもらう領収書を添付し、「確定申告」で控除を受けることになります。

 

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。