TOP > 年末調整 > そろそろ年末調整 掛け持ちの時の年末調整は?

そろそろ年末調整 掛け持ちの時の年末調整は?

年末調整は、人を雇う側が、従業員の1月1日から12月31日の給与所得にかかる税金を正しく計算する手続きです。ダブルワークや副業など2ヶ所以上の勤務先で働いている場合は、そのうち一つの勤務先でしか年末調整をしてもらえません。複数の勤務先で年末調整を行うと、所得控除が重複し、所得税が正しく計算出来ません。

GAK85_pinkkosumosu500

具体的には、年末調整を行う時、勤務先から「扶養控除等申告書」の提出を求められますが、この書類を1ヶ所の勤務先にだけ提出し、それ以外の勤務先には「他の勤務先で年末調整を受けます」と伝えます。これで、重複することはありません。

正しくは、勤務を始める時点で、雇い主から「扶養控除等申告書」の提出を求められ、年末調整をする前提の従業員かそうでないかを最初に確認されます。年末調整をする前提の従業員は「甲欄」、年末調整をしない従業員は「乙欄」の対象者となり、月々天引きされる所得税の計算の仕方が違うのです。甲欄は給与の額と扶養人数により所得税が決まっていますが、乙欄は給与の額から一律3%を所得税を天引きされることになります。

1ヶ所の勤務先で年末調整をした後は、全ての勤務先から発行された「源泉徴収票」を基に確定申告を行います。乙欄で所得税が計算されているときは、所得税が納め過ぎになっているケースは多いので確定申告を行い還付を受けましょう。

 

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。