TOP > 年末調整 > そろそろ年末調整 前職の源泉徴収票ありますか?

そろそろ年末調整 前職の源泉徴収票ありますか?

そろそろ年末調整の季節。今年、会社に入社した人は、前職の源泉徴収票を提出することになっています。所得税は、暦年、つまり1月1日から12月31日までの所得を基に計算します。この期間で前職の所得があった場合、この前職の所得も含めて所得税の計算をするので「源泉徴収票」が必要になるのです。新入社員でも、入社前にアルバイトをしていた方は源泉徴収票が必要になります。さて、今年入社した人、「源泉徴収票」は手元にあるでしょうか?LOK_kyouheikapocck500

紛失した方は、すぐに前の職場に連絡して、再発行を依頼しましょう。社内で源泉徴収票を発行している場合は、比較的早く対応してくれると思いますが、会計事務所などに発行を代行している場合は、時間がかかってしまうこともあります。

そもそも、前の職場から「源泉徴収票」をもらってないよっていう方もまれにいるかもしれませんね。通常、退職後一ヶ月以内に退職者に源泉徴収票を発行しなければならないのですが、なかには発行し忘れている会社もあるかもしれません。この場合でも、前の職場に源泉徴収票の発行を依頼しましょう。

もし、前職の源泉徴収票が、年末調整に間に合わなかった場合は、原則的にはその会社で年末調整をしてもらえません。そもそも年末調整は、正しい所得税額を計算するための手続きです。前職の源泉徴収票を提出しなければ、正しい所得税が計算出来ません。年末調整をしなかった場合は、源泉徴収票に「年末調整未済」と記載がしてあるので、その源泉徴収票を使って確定申告をすることになります。慣れない人にとっては確定申告は非常に手間がかかります。前職の源泉徴収票を早くもらって会社で年末調整してもらったほうが得策でしょう。

 

ブログランキングに参加しております。
記事が役に立ちましたらクリックをお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。